イメージマップとは、複数の領域が指定され、それぞれの領域に動作が割り当てられた画像やオブジェクトのことを指します。クライアントサイドとサーバーサイドの2種類がありますが、サーバーサイドイメージマップは非視覚系ユーザーエージェントではアクセスできない為、クライアントサイドイメージマップを使用することが推奨されます。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報