XMLはExtensible HyperText Markup Languageの略であり、W3Cにより策定と勧告が行われている、データを記述するための拡張可能な言語です。勧告済みの最新版は1.1です。

XMLはSGMLの欠点を改善するために策定されたマークアップ言語であり、文書内容となる文字列をタグで囲む記述方法を用います。XMLの書式は最低限必要な部分のみ定めらているため、文書構造を別途スキーマ言語を用いて定義する必要があります。

近年、XMLはアプリケーションのファイル保存形式や、Web上の様々なサービス間のやりとりなど、様々な状況で使用されています。

参考

Extensible Markup Language (XML) 1.0 (Fourth Edition)
1 Introduction
Extensible Markup Language (XML) 1.1 (Second Edition)
1 Introduction

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報