XML宣言とは、文書がXMLで書かれたものであることを示す宣言です。

この宣言にはXMLのバージョンや、文字コード、文書がスタンドアローンかどうかの情報などが含まれます。文書の先頭にこの宣言を記述することで、文書はXMLで記述されていることを示すことができます。

XML 1.0やXHTMLでは宣言の記述が推奨されており、XML 1.1では宣言の記述が必須となっています。また、文書がUTF-8またはUTF-16以外の文字コードを用いて記述されている場合にも、この宣言の記述は必須となります。

参考

Extensible Markup Language (XML) 1.0 (Fourth Edition)
2.8 Prolog and Document Type Declaration
Extensible Markup Language (XML) 1.1 (Second Edition)
2.8 Prolog and Document Type Declaration
XHTML 1.0 The Extensible HyperText Markup Language (Second Edition)
3.1.1. Strictly Conforming Documents

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報