Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > 「Global by Design」日本語版 > 2016年10月 > ラグジュアリー業界で2016年の最優秀WebサイトはTiffany

「Global by Design」日本語版

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」の記事を翻訳してお届けします。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。

ミツエーリンクスでは、「グローバルサイトWebサイト運用」サービスを提供しています。ガバナンスの強化から多言語対応に至るまで、どんな内容でもお気軽にお問い合わせください

ラグジュアリー業界で2016年の最優秀WebサイトはTiffany

(この記事は、2016年10月24日に公開された記事「Tiffany: The best luxury website of 2016」の日本語訳です。)

今年、2016年版Webグローバリゼーション・レポート・カードにおいて、ラグジュアリー業界では次の7サイトを調査しました:

これらの中からトップに躍り出たのはTiffanyのWebサイトですが、その理由の大半はグローバルeコマースに対する投資によるものです。

ラグジュアリーブランドの多くはeコマースで出遅れており、またWebサイトのローカリゼーションやユーザビリティについては、今現在も道のりは遠い状況にあります。

調査したWebサイトで、使用されている言語は平均でたった10言語しかなく、これは他の多くのグローバルサイトから遅れをとっている理由の最たるものです。モバイル対応もそうですが、グローバルナビゲーションもまた、調査したWebサイトの多くで問題となっています。

その点、Tiffanyのサイトは、ラグジュアリー業界ではリーダー的存在です。Tiffanyは、ローカライズされたWebサイトに誘導するためにジオロケーションを使用しています。初めてアクセスしたユーザーには、以下のオーバーレイが表示されます:

Tiffanyの.com Webサイトで初回訪問時に表示されるオーバーレイ

そしてこれは、同じ.comドメインのサイトにドイツからアクセスした際に表示されるオーバーレイです:

Tiffanyの.com Webサイトで初回訪問時に表示されるオーバーレイ(ドイツからアクセスしたためドイツ語で表示されている)

これは些細な違いに映るかもしれませんが、顧客体験、ひいてはコンバージョンに対して大きな影響を生み出します。

Tiffanyはまた、モバイルフレンドリーなデザインを採用していますが、グローバル・ゲートウェイをフッターに配置しているのは好ましいとは言えません。Burberryも、次に示すドイツ向けのWebサイトに見られるように、グローバル・ゲートウェイへのリンクをフッターに置いています:

Burberryのドイツ向けWebサイト

このレイアウトでは、ドイツ語がわからない人にとって、グローバル・ゲートウェイを見つけるのは決して容易くないでしょう。ファッションブランドで採用されているのは稀ですが、地球のアイコンはユーザビリティを大きく改善します。

グローバルなリーチと言えば、サポート言語数においてTiffanyはHermèsと同列首位です。しかしながら、ファッションブランドのサポート言語数は、「グローバル」Webサイトの基準の半分にも達していません。次のグラフが示すように、先進的なグローバルWebサイトの平均サポート言語数は今や30に達しています:

先進的なグローバルWebサイトにおける平均サポート言語数(出典:2016年版Webグローバリゼーション・レポート・カード

eコマースに投資するにつれ、ユーザーフレンドリーなグローバル・ゲートウェイや国別コードのサポート、モバイルサイトの表示高速化、地域向けコンテンツの充実といった基本的なユーザビリティ施策に、ラグジュアリーブランドは取り組まなければなりません。

Pick Up