Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > 「Global by Design」日本語版 > 2016年11月 > 「No Tofu(豆腐ゼロ)」の略語としてのNOTO

「Global by Design」日本語版

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」の記事を翻訳してお届けします。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。

ミツエーリンクスでは、「グローバルサイトWebサイト運用」サービスを提供しています。ガバナンスの強化から多言語対応に至るまで、どんな内容でもお気軽にお問い合わせください

「No Tofu(豆腐ゼロ)」の略語としてのNOTO

(この記事は、2016年11月28日に公開された記事「NOTO, as in No Tofu」の日本語訳です。)

はじめに言っておきますが、私は豆腐が大好きです。

しかしPCの画面上でそれを見るとなると、そうも言ってられないものです。

以下の画面キャプチャで2カ所に見られる「豆腐のような形をした」オブジェクトは、適したフォントが見当たらなかったことを示しています:

「豆腐のような形をした」オブジェクトを表示しているWebページの例

10年ほど昔、つまりフォントが個別の文字集合と厳格に紐づけられ、またコンピューターが非常に限られた数のフォントファミリーしかインストールされずに出荷されていた頃、この豆腐は今よりずっと大問題でした。今日、コンピューターや電話機には、素の状態でかなりの数の言語を表示できるシステムフォントがプリインストールされています。

それでもなお、Webサイトがより多くの言語をサポートするにつれ、全世界に完璧に対応できるフォントへのニーズは高まる一方でしょう。

そういうわけで、Googleが世界中の言語をサポートすべくオープンソースのフォントフェイスに投資しているのは、朗報と言えるでしょう。

このフォントファミリーは、NOTOと呼ばれています(「No Tofu(豆腐ゼロ)」の略語のよう)。

NOTOのWebページ

パッケージには100を超える数のフォントウェイトが含まれ、容量は470MB超です。

代わりに、どの言語なり書体をサポートするか選択することもできます。

NOTOのフォント選択画面

この記事は多言語視力検査表(Multilingual Eye Chart)の宣伝のために書きました。

Pick Up