Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > 「Global by Design」日本語版 > 2017年2月 > Webサイトは死んでなどいない、Webサイトよ永遠なれ

「Global by Design」日本語版

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」の記事を翻訳してお届けします。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。

ミツエーリンクスでは、「グローバルサイトWebサイト運用」サービスを提供しています。ガバナンスの強化から多言語対応に至るまで、どんな内容でもお気軽にお問い合わせください

Webサイトは死んでなどいない、Webサイトよ永遠なれ

(この記事は、2017年2月9日に公開された記事「Websites are dead. Long live websites.」の日本語訳です。)

そう遠くない昔、ソーシャルメディアの専門家たちが、WebサイトよりFacebookページの方が価値があるなどと主張していたのを覚えていますか?

FacebookページやTwitterフィードに移行すべく、Webサイトを完全に捨て去るよう言われるのは、決して稀ではありませんでした。グローバルな成功に向け、ハッシュタグを活用することができるのに、なぜHTMLにこだわる必要があるでしょう?

そして、時代は変わりました。

Marketing Landの記事によれば、スーパーボウルの広告においてここ数年の間では初めて、ハッシュタグより多くWebサイトのURLが表示されたそうです。

スーパーボウルの広告における過去数年間の、ハッシュタグとURLの表示数の対比グラフ

おそらくハッシュタグは、以前ほどセクシーな存在ではなくなったということでしょう。

そしてFacebookも、かつてほど大地主のような存在ではなくなっています。すべてのフォロワーに対してメッセージを配信しようと思えば、そのためのお金を支払わなければなりません。FacebookとInstagramは、スーパーボウルの広告のたった6%でしか触れられませんでした。

モバイルアプリについてはどうでしょう?誰もがそれを必要としていた頃を覚えていますか?

ComScoreによると、1カ月の間に人々は100サイトを訪問している一方、アプリについてはたった25種類しか使っていません。その25アプリの中に生き残れないようであれば、Webサイトに投資した方がよっぽど良い、ということになります。

マーケティング施策にとって、Webサイトはなお最良の選択であり続けています。それは何も米国に限った話ではなく、世界中で共通しています。

いま私は、2017年版のWebグローバリゼーション・レポート・カードの制作で忙しくしているのですが、その中でより多くの企業が訪問者に対し、メーリングリストへの参加を促していることに気づきました。電子メールもまた、少し前には死に絶えたものと信じていたにもかかわらず、です。

電子メールは今なお健在です。Webサイトも同様です。変化した物事は多くありますが、同時に変わらない物事も多くあります。

Webサイトよ永遠なれ......

Pick Up