Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > 「Global by Design」日本語版 > 2017年2月 > 2017年版Webグローバリゼーション・レポート・カードより、最新のグローバルWebサイト上位25サイトを発表

「Global by Design」日本語版

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」の記事を翻訳してお届けします。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。

ミツエーリンクスでは、「グローバルサイトWebサイト運用」サービスを提供しています。ガバナンスの強化から多言語対応に至るまで、どんな内容でもお気軽にお問い合わせください

2017年版Webグローバリゼーション・レポート・カードより、最新のグローバルWebサイト上位25サイトを発表

(この記事は、2017年2月16日に公開された記事「The top 25 global websites from the 2017 Web Globalization Report Card」の日本語訳です。)

2017年版Webグローバリゼーション・レポート・カードの発行をお知らせでき、私はとてもワクワクしています。これまで作成してきた中でそれは最も野心的なレポートであり、Webサイトのグローバル対応について数多くの新しい、そしてまた既存のベストプラクティスに光を当てるものです。

以下は、上位にランクインしたWebサイトを示す、レポートからの抜粋です:

上位25サイト:1.Google 2.Wikipedia 3.Facebook 4.NIVEA 5.Booking.com 6.Nestlé 7.Hotels.com 8.Pampers 9.Intel 10.Microsoft 11.Philips 12.Adobe 13.Twitter 14.Cisco Systems 15.IKEA 16.Nike 17.American Express 18.Nikon 19.TripAdvisor 20.GoDaddy 21.Starbucks 22.Nissan 23.3M 24.KPMG 25.Deloitte

このBlogをいつも読んでくださっている方であれば、Googleが昨年に引き続きナンバーワンとなったことにお気付きのことでしょう。しかしGoogleはその栄誉に甘んじていたわけではありません。多くのソフトウェア会社のWebサイトにおいて、サポートする言語が20から30にとどまっている一方、Googleはその製品群に対し、サポート言語を追加し続けているのです。Gmailは72言語、YouTubeは75言語に対応しています。そしてGoogle翻訳に至っては、100以上の言語をサポートしています。

Googleの製品間における調和について、良い方向に取り組みが進められている様を私は認めていますが、それでもなおグローバル・ナビゲーションについては、改善の余地があります。サイトやアプリをまたいで、より伝統的なグローバル・ゲートウェイを訪問者に提供することを、Googleに推奨し続けたい考えです。

上位25サイトについて、他に注目に値する点は以下の通りです:

過去7年間の平均サポート言語数をあらわす折れ線グラフ。22から31まで単調増加を示しているが、増加の傾向は緩やか。

ご覧の通り、サポート言語数の平均値の伸びは緩やかです。しかしそれは、必ずしも悪いことではありません。私が聞いた話では、ローカリゼーションにおいて企業は品質や掘り下げ度合いに投資しているそうで、これは大変重要な点です。

レポート・カードが拠り所としているデータは、主要なグローバルブランドや世界最大級の企業から選んだ、20業種150社を対象とした調査に基づくものです。調査対象の多くを私は10年以上前から追いかけてきましたが、何が機能し、何が機能していないかについて洞察を共有できることを嬉しく思っています。ときに時間は、ベストプラクティスを見出すための最も優れた術なのです。

向こう数週間から数カ月に渡り、私はレポートからより多くを共有するつもりです。レポートについて何か質問があれば、どうぞお知らせください。

上位25企業ならびに、各企業においてWebサイトのグローバル対応に取り組んでこられた皆様に、お祝い申しあげます。

2017年版Webグローバリゼーション・レポート・カード

Pick Up