Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > 「Global by Design」日本語版 > 2017年4月 > 言語とは目的を達成するための手段であり、目的地であると同時に旅そのものでもある

「Global by Design」日本語版

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」の記事を翻訳してお届けします。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。

ミツエーリンクスでは、「グローバルサイトWebサイト運用」サービスを提供しています。ガバナンスの強化から多言語対応に至るまで、どんな内容でもお気軽にお問い合わせください

言語とは目的を達成するための手段であり、目的地であると同時に旅そのものでもある

(この記事は、2017年4月20日に公開された記事「Languages are a means to an end, a journey as well as a destination」の日本語訳です。)

少し前に私は「The Seattle Times」の特別記事面に、グローバルに思考することの重要性と価値について、寄稿しました。以下はその記事からの引用です:

Starbucksについてみてみましょう。2003年当時、グローバル展開に野心満々だったこの企業は、ほんの3言語しかサポートしていませんでした。今日、Starbucksは25の言語をサポートしていますが、その数は他のグローバル企業と比べない限り、多いように聞こえるかもしれません。先進的なグローバル企業に限ってみますと、サポート言語数の平均は31で、これは近年の私の調査の中では新たな基準となっています。中には、何年も前に30言語をサポート済みの企業もあります。Facebookは90以上をサポートし、Googleに至っては100以上の言語をサポートしているのです。

サポート言語数の増加は、単に技術的な現象ではありません。John Deere(訳注:米国に本拠地を置く農業機械や建設機械のメーカー)は31言語、Fordは42言語、Jack Danielsでさえ22言語をサポートしています。

つまり、米国のリーダー達が孤立主義のレトリックを語る一方で、あらゆる規模の米国の企業は異なる言語、実際のところ多くの言語を用いています。

全文はGlobal trade, when done fairly, can be a positive force | The Seattle Timesでお読みになれます。

Pick Up