Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > 「Global by Design」日本語版 > 2018年11月 > Webサイトにおける国旗の掲載は減少傾向へ

「Global by Design」日本語版

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」の記事を翻訳してお届けします。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。

ミツエーリンクスでは、「グローバルWebサイト運用」サービスを提供しています。ガバナンスの強化から多言語対応に至るまで、どんな内容でもお気軽にお問い合わせください

Webサイトにおける国旗の掲載は減少傾向へ

(この記事は、2018年11月19日に公開された記事「Peak flag: The decline of flags on websites has begun」の日本語訳です。)

私が定点観測しているWebサイトの限りにおいては、国旗の掲載事例はピークを過ぎました。言い換えますと、企業レベルにおいては、Webサイトのグローバル・ゲートウェイにあった国旗を削除し始めています。

これは良い動きです。

個人レベルでは、私は国旗が好きです。しかしユーザビリティ的に、国旗は解決するより多くの問題を引き起こすことがあります。

この1年で国旗の掲載を取りやめた企業には、以下の各社が含まれます:

上記はほんの一例です。

ええ、私はAppleがいまだ国旗を掲載していることに気づいていますとも。掲載することのメリットよりリスクがはるかに大きくなっている以上、Appleも掲載を取り止めるだろうと私は信じています。

AppleのWebサイトに掲載されている国旗

Webサイトに国旗を掲載すべきでない10の理由を知りたければ、私の作った『FLAG FREE』レポートをご利用ください(これはWebグローバリゼーション・レポート・カードに含まれているものです)。

Pick Up