Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > 「Global by Design」日本語版 > 2019年10月 > OK?それともOKではない?

OK?それともOKではない?

(この記事は、2019年10月2日に公開された記事「OK? Or not OK?」の日本語訳です。)

名誉毀損防止同盟(ADL:Anti-Defamation League)によると、OKの手振りは今や、嫌悪のシンボルだそうです。

OKの手振り

グローバリゼーション分野に携わる私たちにとって、Web上やマーケティング資料でこのジェスチャーを使うのを避けるよう学んできたのは、もっとグローバルな理由からです。ジェスチャーは、異なる文化において別の意味で解釈されます。上の画像を反転させたジェスチャーは、例えばブラジルにおいて、好ましい意味を持ちません。

そして目下、OKサインとされてきたジェスチャーが、アメリカ社会で疑念を持たれています。

詳しく言えば、ADLは「OKのシンボルを使うことは、多くのコンテキストにおいて完全に無害であり無難です」と記しています

言い換えるなら、コンテキストがすべてだということです。

しかしマーケティング担当者にとって、この一件は、グローバル視点からすると手振りを使用するのが難しい理由の1つにすぎません。

グローバルに進出する際の手振りとその文化的な危険性について、詳しくは私の著書『Think Outside the Country』(訳注:日本語訳は『グローバルWebサイト&アプリのススメ』)をお読みください。

Pick Up