Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > 「Global by Design」日本語版 > 2019年11月 > Airbnbがサポート言語数を2倍に

Airbnbがサポート言語数を2倍に

(この記事は、2019年11月11日に公開された記事「Airbnb doubles(yes, doubles) its linguistic reach」の日本語訳です。)

これまでに発行したWebグローバリゼーション・レポートカードにおいて、私がたびたび書いてきたように、企業というのは時々思い出したようにサポート言語を増やしがちです。その結果、平均的なサポート言語数の増加の割合は、1年につき1言語です

しかし中には、すごい勢いで増やす企業もあります。Facebookが1言語から100言語まで増やすのに、2年もかかりませんでした。

そして先週のことですが、Airbnbはサポート言語数を2倍に増やしました

同社は次のように記しています

今やAirbnbのプラットフォームは、62の言語を母語とする40億以上の人々からアクセス可能です。新たに追加した言語により、より多くの宿主に収入を得る機会がもたらされるのに加えて、より多くの宿泊客が本物のユニークな旅をより簡単に体験できるようになります。

新たに追加された31の言語は、以下の通りです:

  1. アルバニア語(アルバニア)
  2. アルメニア語(アルメニア)
  3. アゼルバイジャン語(アゼルバイジャン)
  4. ボスニア語(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
  5. ブルガリア語(ブルガリア)
  6. 繁体字中国語(香港)
  7. 英語(オーストラリア)
  8. 英語(カナダ)
  9. 英語(イギリス)
  10. エストニア語(エストニア)
  11. フランス語(カナダ)
  12. グルジア語(ジョージア)
  13. ヒンディー語(インド)
  14. アイルランド語(アイルランド)
  15. ラトビア語(ラトビア)
  16. リトアニア語(リトアニア)
  17. マケドニア語(北マケドニア)
  18. マルタ語(マルタ)
  19. モンテネグロ語(モンテネグロ)
  20. ルーマニア語(ルーマニア)
  21. セルビア語(セルビア)
  22. スロバキア語(スロバキア)
  23. スロベニア語(スロベニア)
  24. スペイン語(アルゼンチン)
  25. スペイン語(ラテンアメリカ)
  26. スワヒリ語(アフリカ)
  27. タガログ語(フィリピン)
  28. ウクライナ語(ウクライナ)
  29. ベトナム語(ベトナム)
  30. コサ語(南アフリカ)
  31. ズールー語(南アフリカ)

このアナウンスを、Airbnbがすべてのサポート言語で掲載したことを、私は素晴らしいと思います。

来年発行する2020年版のレポートカードで、Airbnbの順位は上がるのではないでしょうか。

Pick Up