(この記事は、2021年5月30日に公開された記事「Clubhouse fails the flag test」の日本語訳です。)

最近になって、私はClubhouseに参加しました。毎週のおしゃべりに誘ってくださった、Lee VannさんとKathrin Bussmannさんに感謝します。

私がアプリを使い始めようとしたとき、「生まれつきグローバルな」シリコンバレーの産物で目にするとは思わなかったものを見てしまい、ショックを受けました。

それは、国旗です。

より正確に言えば、言語をあらわすために用いられた国旗です。

アカウントを作成すると、以下に示すように、 興味の対象を選ぶよう指示されます:

Clubhouseの興味タグを選択する画面

各ボタンにアイコンを付ける決まりにしたことで、言語を示すのに国旗を使うことは、Clubhouseにとって避けがたかったように感じます。しかし、国旗は各言語がカバーする範囲を狭くします。ラテンアメリカのスペイン語に興味があればスペイン語を選択すべきでしょうか、それともスペインに興味がある場合にのみスペイン語を選択すべきでしょうか?言語は国境に限定されないというのが、ここで提示されている視覚的および地政学的なジレンマです。

国旗を見た人は、アイコンの意図するところを理解していると考えるのが妥当です。にもかかわらず、私は国旗を削除することを提案します。

実際、このページにアイコンが必要かどうか、私にはわかりません。アイコンを削除した場合、貴重なスペースが解放されますから、興味を示すタグをもっと自由に使うことができます。個人的には、「言語ジェネラリスト」のタグを見たいものですが。

ひとたびこの画面をやり過ごすと、このアプリは使いやすく、軽い中毒性があると思いました。それがセールスポイントの1つであることを理解しつつも、おしゃべりが後で再生できるよう保存されないのは残念です。その点は、将来的に変更されるだろうと私は思います。

Information

書籍「グローバルWebサイト&アプリのススメ」

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」より、グローバルサイトWebサイト運用に関する記事を翻訳してお届けします。

ミツエーリンクスのグローバルWebサイトソリューション

グローバルビジネスを支えるWebサイトにグローバルスタンダードな品質を提供する、各種サービスをご紹介します。