Smart Communication Design Company
ホーム > サービス > アクセシビリティ > Webアクセシビリティ診断

Webアクセシビリティ診断

専門家による診断で、簡単には気づきにくい問題点を明確にし、アクセシビリティ向上への足がかりとします

管理者や運用スタッフにとっては利用に何の支障もないサイトでも、異なる環境においては利用が困難である、もしくはまったく利用できなくなってしまう。これは、サイトの実装方法によっては十分に考えられる、憂慮すべき事態です。しかしながら、サイト管理者レベルでさまざまな環境におけるアクセシビリティを判断することはなかなか難しいのではないでしょうか。

そこで、本サービスでは、公開中のWebサイトやこれから公開する予定のWebサイトのアクセシビリティについて、専門家による診断をおこないます。

サービス概要

Webアクセシビリティ診断サービスは、

  • アクセシビリティを向上させたいけれど、まず現状を正しく把握したい
  • 社会情勢に即した充分な対応が取れているか、専門家の目で確認してほしい
  • 最新技術を利用しているが、アクセシビリティに不安がある
  • アクセシビリティの重要性を、決裁者や外部制作スタッフなど担当者以外にも理解してもらう必要がある
  • 組織内において、アクセシビリティへの意識を高めたい

というような、現状の問題点を理解(もしくは問題がないことを確認)する、組織内の意識を変革するなど、Webサイト全体のアクセシビリティ向上を目指すにあたって、まずは理解を深める必要がある際に最も効果を発揮するサービスです。

サービス特長

必要とする基準(JIS X 8341-3準拠、WCAG 2.0 AA対応など)に合わせた細やかな診断レポートを作成します。

画像を利用したわかりやすい説明に加え、改善可能な部分と方法をご提示いたしますので、現状の理解だけではなく既存サイトの改善にもつながります。HTML5やWAI-ARIAをはじめ、アクセシブルな要素を含む最新技術を前提とした診断も、仕様を熟知した経験豊かな専門家が対応します。

また、オプションとして、報告や説明会、スクリーン・リーダー テストをご提供しています。更に詳しい現状分析や、不明点の解消など、アクセシビリティへの理解をより深める一助としてご活用ください。

サービス詳細

診断レポート作成

診断ページをキャプチャして問題部分を指摘、わかりやすく図解による解説を加えたレポートを作成いたします。また、改善策もあわせてご提示いたします。

オプション

診断レポート報告、説明会の開催

上記レポートの内容の詳細に関する報告、説明をいたします。もちろん、疑問点等があれば、その場でお答えいたします。

スクリーン・リーダー テスト

主に全盲の視覚障害者が利用している音声読み上げソフトウェア"スクリーン・リーダー"を用いた検証を行ない、スクリーン・リーダー利用時の問題点のレポートや、具体的な音声ファイルを作成いたします。詳細につきましては、スクリーン・リーダー テストのサービスページをご覧ください。

サービスフロー

  1. 目的、内容のヒアリング
  2. 現状把握と対象ページなどの要件定義
  3. ソフトウェア/ブラウザを利用した診断
  4. 診断レポートの作成
  5. (オプション)スクリーン・リーダーを利用した診断、レポートおよび音声ファイルの作成
  6. (オプション)報告、説明会の開催

Pick Up