tfoot要素は、表のフッタをグループ化するための要素です。

HTML 4.01以降では、tfoot要素はtbody要素よりも前に記述されるべきとされています。これはtbody要素内のデータセルが膨大な量である場合に、先にtfoot要素による表のフッタを表示してからデータセルの逐次レンダリングを行うためです。

参考

HTML 4.01 Specification
11.2.3 Row groups: the THEAD, TFOOT, and TBODY elements

この要素で設定可能な属性

この要素内に子要素として記述可能な要素

この要素が定義されているDTD

この要素がDTD内で定義されていることを○で示しています。

HTML 4.01 XHTML 1.0 XHTML 1.1
Strict Transitional Frameset Strict Transitional Frameset

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報