align属性は、要素内容の配置方向を設定するための属性です。

属性値に方向を示す文字列を指定することで、要素内容の配置方向を設定することができます。属性値として指定できるのは次の値です。ただし、属性を設定する要素によって、指定できる値は異なります。

bottom
下方向に配置します
middle
中央に配置します。
top
上方向に配置します。
left
左方向に配置します。
right
右方向に配置します。

HTML 4.01以降では、以下の要素を除く全ての要素にalign属性を設定することは非推奨とされています。

参考

HTML 4.01 Specification
11.2.1 The TABLE element
11.3.2 Horizontal and vertical alignment
13.7.4 Alignment
15.1.2 Alignment
15.3 Rules: the HR element
17.10 Adding structure to forms: the FIELDSET and LEGEND elements

この属性が設定可能な要素

この属性が定義されているDTD

この属性がDTD内で定義されていることを○で示しています。

HTML 4.01 XHTML 1.0 XHTML 1.1
Strict Transitional Frameset Strict Transitional Frameset

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報