インドのお祭りシーズン商戦、Amazonは参加しましたが皆さんは?

(この記事は、2016年10月2日に公開された記事「Are you celebrating India's festival season? Amazon sure is」の日本語訳です。)

インド国内のeコマースにおいて、長きにわたりFlipkartが支配的な地位を築いてきましたが、Amazonはもはや第2位に甘んじるつもりはないようです。

Amazonは今週、インドのお祭りシーズンに合わせたプロモーション企画を立ち上げました。当選すれば無料でもらえる景品には、自動車や邸宅すらあります。

ちょうど昨日のことですが(訳注:原文の記事が公開された前日の10月1日のこと)、Amazonは10億ヒットを記録した旨を公表していました。それ自体に何かすごい意味があるというわけではないものの、しかし印象的なニュースではあります。

小売業者は地域ごとにある祝日の重要性を認識し始めています。中国の「独身の日」の重要性を海外の小売業者が見出したのと同様、秋のインドのお祭りシーズンを無視することはできないでしょう。

そしてこの祝日は、小売業者のみならず、すべてのグローバル企業に関わることです。Chevroletが、お祭りシーズン中に購入した人に金貨をプレゼントしているように:

Information

書籍「グローバルWebサイト&アプリのススメ」

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」より、グローバルサイトWebサイト運用に関する記事を翻訳してお届けします。

ミツエーリンクスのグローバルWebサイトソリューション

グローバルビジネスを支えるWebサイトにグローバルスタンダードな品質を提供する、各種サービスをご紹介します。