異言:言語について米国企業が宗教的になる必要性

(この記事は、2018年6月18日に公開された記事「Speaking in Tongues: Corporate America needs to get religious about languages」の日本語訳です。)

MultiLingual誌の最新号に寄稿でき、私は嬉しく思います。

記事のなかで、私は次のように書きました:

Wikipediaが298、Googleが172、Facebookが107の言語をそれぞれサポートしているものの、Jehovah's WitnessesのWebサイトには遠く及びません。

そうなんです。世界で最もサポート言語数の多いWebサイトはJehovah's Witnessesが運営しており、www.JW.orgでアクセスできます。

記事の全文は、こちらでお読みいただけます。

Information

書籍「グローバルWebサイト&アプリのススメ」

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」より、グローバルサイトWebサイト運用に関する記事を翻訳してお届けします。

ミツエーリンクスのグローバルWebサイトソリューション

グローバルビジネスを支えるWebサイトにグローバルスタンダードな品質を提供する、各種サービスをご紹介します。