Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > 「Global by Design」日本語版 > 2018年9月 > Verisignがヘブライ語の.comドメインを提供開始

「Global by Design」日本語版

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」の記事を翻訳してお届けします。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。

ミツエーリンクスでは、「グローバルWebサイト運用」サービスを提供しています。ガバナンスの強化から多言語対応に至るまで、どんな内容でもお気軽にお問い合わせください

Verisignがヘブライ語の.comドメインを提供開始

(この記事は、2018年9月10日に公開された記事「Verisign launches Hebrew .com domain」の日本語訳です。)

Verisignは長年に渡り.comドメインのレジストリとして大きな利益を得てきました。そのため、同社が.comの異なる言語/書体バージョンから継続的な利益を得ようと取り組んでいても、驚きに値しません。

最近になって同社は、ヘブライ語の.comドメイン、קוםについての取り組みを進めました。

CircleIDの記事には、次のようにあります:

2017年9月、Verisignはイスラエルで従業員数30人以下の中小企業に勤める意思決定層の150人を対象に調査を行い、69%が完全なヘブライ語のドメイン名の利用に前向きだった、としています。

しかし、Domain Name Wireの記事はこのドメインに関し、それほど楽観的ではありません:

これまでのところは、事はうまく進んでいません。Verisignは同種のドメインを3つ立ち上げていますが、日本語の.コム、韓国語の.닷컴の登録数はいずれも7,000に届いていません。韓国語で.netに相当する.닷넷の登録数は、さらに少ない数です。

ここで大事なのは「これまでのところは」という言葉です。非ラテン言語のドメインが登場してから、まだそれほど時間は経っておらず、私はまだ普及に楽観的でいます。思うに、普及を阻む主な障害の一つには、ドメイン名をすっかり無き者にしてしまうモバイルアプリの成功があるでしょう。しかし将来、Facebookのような閉じた世界が存在感を失い、結果として国際化ドメイン名が再び脚光を浴びるとも限りません。

国際化ドメイン名(IDN)については、国際化ドメイン名の地図の最新版もご覧ください。

Pick Up