スピードが命:Webグローバリゼーションで投資するポイント

(この記事は、2024年3月18日に公開された記事「Speed Kills: Your web globalization investment」の日本語訳です。)

Webサイトの表示パフォーマンスは、ちょうど天気みたいなもので、誰もがそれを話題にするけれど、実際にそれに取り組んでいる人は、まるで存在しないかのようです。

最近、表示パフォーマンスについて素晴らしい記事を読みました。ぜひ皆さんもお読みください。そのなかで、Tammy Evertsは「表示が遅いページはブランド全体の健全性を損なう」と記しています。

にもかかわらず、多くのグローバルブランドがWebサイト、特にグローバルサイトに関しては、ほとんど表示パフォーマンスに注意を払っていないことを知ったら、ショックを受けることでしょう。

過去8年間、Webグローバリゼーション・レポートカードでは、調査対象すべてのグローバルサイトでトップページの「重さ」を調査してきました。毎年、重さをキロバイト単位で測定しているのです。コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)の影響を考慮し、Webページが読み込むファイルの総容量とキャッシュの重さを平均しています。2022年の時点では、正しい方向に向かっているかもしれないと楽観視していましたが、明らかに間違った方向に向かっていることが、以下のグラフからわかるでしょう。

2016年から2024年にかけて、モバイル向けWebサイトの重さの変化を折線グラフであらわしたもの。2016年は3.1MBであり、以後2021年の9.4MBまで単調増加を示したのち、2022年には8.1MBへ減少した。しかし2023年には8.6MB、2024年には9.1MBと、再び増加傾向に転じている。

どのようなCDNを使おうとも、9MBの重さのWebページは世界中の多くの市場で、またアメリカを含むほとんどの先進国のモバイルユーザーにとって、遅く表示されるでしょう。

最も読み込みの遅いWebサイトを取り上げるつもりはありませんが、最も質素なのはWikipediaで、その重さは1MB以下です。これは、Webグローバリゼーション・レポートカードでWikipediaが総合1位になった数ある理由の1つです。

すぐさまWebサイトの多くが1MB以下に軽量化できるとは思いませんが、3MBを目標にすることを勧めます。これは、社内で制限を設けることで実現できます。私は、そのような企業と仕事をしたことがあり、制限を設けることや、さらには制限を遵守することがいかに難しいか理解しています。しかし、その結果は非常に前向きなものであり、読み込みの遅い他社に対して、当該ブランドは競争上の明白な優位性を得ることができました。

全150サイトの重さ順のリストは、レポートカードの最新版をご覧ください。

2024年版Webグローバリゼーション・レポートカード

追記:地球環境への影響を軽減すべくWebページの重さを軽くすることには、非常に強い論拠があります。1キロバイトごとに環境負荷がかかりますので。その話題はいずれ、別の記事で取り上げましょう......。

Information

書籍「グローバルWebサイト&アプリのススメ」

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」より、グローバルサイトWebサイト運用に関する記事を翻訳してお届けします。

ミツエーリンクスのグローバルWebサイトソリューション

グローバルビジネスを支えるWebサイトにグローバルスタンダードな品質を提供する、各種サービスをご紹介します。