Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > マーケティングBlog > 2016年12月 > Google タグマネージャの「変数」について

マーケティングBlog

デジタルアナリティクスやデジタルマーケティングの推進に役立つ話題をご紹介します。

Google タグマネージャの「変数」について

アナリスト 深堀

Google タグマネージャを介しての配信は「タグ」、「トリガー」、「変数」の3つから成り立っています。おおまかにご説明しますと「タグ」はページ上で実行されるコードの内容を設定し、「トリガー」はそのタグを配信する条件やタイミングを指定します。「変数」はユーザーの行動によって値が変わる受け皿のようなもので、この中でも特異なのものが、変数です。

タグとトリガーは基本必須なのですが、変数は全く使わなくてよい場合もありますし、変数が必須のケースもあります。例えば、クリックされたページのURLやリファラー、参照サイトのURLなど、ヒットが発生した時点でないと内容が確定しない部分を取得したい時に、変数を使用します。

変数にはあらかじめGoogle タグマネージャに用意されている「組み込み変数」と、ユーザー側で新規に設定する「ユーザー定義変数」が存在します。「組み込み変数」にあらかじめ用意されていないものに関しては「ユーザー定義変数」で新規作成することになるのですが、「組み込み変数」はワークスペース上で「変数」を選択し、「組み込み変数」の真下にある「設定」をクリックし、出てきた一覧に使用したい変数のチェックボックスを有効化するだけで使用することができます。簡単に設定できる「組み込み変数」ですが、この機能を使用できるようなるだけでもかなりの範囲のことができます。今回は「組み込み変数」とタグ、トリガーの設定の組み合わせで実装できる機能の一部をご紹介します。まずは汎用性の高い変数をいくつかをご説明いたします。

Google タグマネージャの組み込み変数の設定
Page URL

ヒットが発生した時点での閲覧ページのURLを取得します。組み込み変数の中で使用頻度の高いものの一つです。
例えばあるイベントタグを作成し、配信範囲を「全ページ」。取得するイベントカテゴリの値を文字列に設定したとします。この際に困ったことになるのが、「どのページでイベントが発生したかが分からない」ことです。そこで変数の出番なのですが、「Page URL」変数はヒットが発生した時点での閲覧ページのURLを取得してくれます。

配信範囲を特定のページだけに設定して、条件によってイベントカテゴリの値をイベントの数だけ用意するのもよいのですが、サイトのあちこちに共通でのリンク先が存在することがあります(例えば「お問い合わせのボタンがクリックされた」というイベントなど)。そういったケースの際にこの方法が有効です。

Click URL

クリックが発生した際の遷移先を取得します。
「特定のURLがクリックされた」際にイベントを送信といった、トリガーの条件を作成するのに役立ちます。

Referrer

リファラー。ヒットが発生した時点での参照元を取得します。

Google タグマネージャの組み込み変数の選択
Google タグマネージャの組み込み変数の選択

上記3点の組み込み変数の組み合わせ

組み込み変数を組み合わせて活用する際に、例として「クリックしたら実行されるイベント」を作成した場合、下記の様な方法があります。

上記の構成はあくまで一例ですが、Google タグマネージャからイベントが発生した際に「どのページで押されたのか」「どのページから来たのか」「どのページへ遷移したのか」が分かるようになります。Google タグマネージャ上でタグやトリガー、イベントに変数を組み込むと、さまざまな値を取得しGoogle アナリティクスに送信したり、変数そのものをトリガーの条件に使用したりといったことが可能となります。

組み込み変数はGoogle タグマネージャのアップデートと共に項目が増えつつあります

組み込み変数は随時アップデートされているようで、いつの間にか選択できる変数が増えていたりします。今までユーザー定義変数でカスタムJavaScriptを組まなければ実現できなかった機能が、選択項目から取得したい値を選ぶだけで実現できるようになったりと、アップデートによってその利便性が徐々に向上してきました。

組み込み変数についての詳細は、公式のヘルプに公開されていますので併せてご参照いただければと思います。
ウェブサイト用コンテナの組み込み変数

ユーザー定義変数を使用するケースについて

ユーザー定義変数はむやみに増やしてしまうと管理や設定が煩雑になり、運用上の観点からあまりおすすめできません。基本的に組み込み変数で事足りるものは組み込み変数のみを使い、組み込み変数ではどうしても要件を満たせないようなケースでは、ユーザー定義変数の使用を検討するとよいでしょう。