Smart Communication Design Company
ホーム > サービス > Webサイト運用 > UI改善プラットフォーム運用支援

UI改善プラットフォーム運用支援

UXの専門家による仮説検証で確かな改善を実現

WebおよびWebを取り巻く環境は、年を追うごとにその変化のスピードを増してきました。Webにアクセスするユーザー、そのユーザーが利用するデバイス、そしてユーザーがWebにアクセスする動機や背景といったコンテキストは、いずれも加速度的に多様化しています。

変化多き時代、Webサイト運用の効果を最大化するには、継続的にPDCAサイクル(計画→実行→検証→改善)を回し、ターゲットとするユーザーに対してWebサイトを常に最適化し続ける必要があります。Webサイトの使い勝手を大きく左右するUIの継続的改善は、特に重要です。

サービス概要

近年、ABテストやそれに類する試験を効率的、効果的に実施するためのさまざまなWebサービスが利用できるようになりました。高い専門的知識、とりわけデザインを変更するためのスキルがなくとも、そういったWebサービスを使えば、比較的容易にABテスト等を実施できます。Visual Website OptimizerやMixpanelは、その例です。

しかし、そうしたWebサービスを使ってWebサイトのUIをより確実に改善するには、まず有効な仮説を立案する必要があります。また、ABテスト等を通じて得られた結果の定量的検証のみならず、サイトやユーザーの特性を定性的なアプローチによって理解し、仮説を再構築していくプロセスも不可欠です。

UI改善プラットフォーム運用支援では、UIを改善するためのプラットフォームの構築(Webサービスの導入・設定を含む)からその運用に至るまでを支援することで、WebサイトのUIの継続的かつ効果的な改善を実現します。

サービス特長

WebサイトのUIを改善するためのプラットフォームを構築し、運用します。具体的にはKGI/KPIの定義やそれに必要なコンサルティングから、継続的・効果的な改善を実現するためのWebサービスの選定、導入、運用(有効な仮説の立案から試験の実施、試験結果に対する定量・定性両側面からの検証・仮説の再構築、検証結果を基づいた改修など)まで、全般的に対応します。仮説検証と改善施策の立案には、UX分野の専門家が参加、より確実な継続的改善を実現します。

サービス詳細

UI改善のための仮説の立案と、ABテストをはじめとする定量的な検証の実施、さらに定性的な検証を実施した結果をも総合的に踏まえて作成する改善計画をご提供します。運用体制やご予算に応じ、以下の各項につきましても柔軟に組み合わせてご提供します。

  • KGI/KPIの定義
  • 定量的な検証を行うWebサービスの選定(Visual Website OptimizerやMixpanelなど)
  • 定量的な検証を行うWebサービスの導入(各種設定作業等)
  • 課題を抽出するための定性的・定量的リサーチ手法の選定・分析計画の策定
  • 作成した改善計画の実行

Pick Up