LCAとは、ライフサイクル・アセスメント(Lifecycle assessment)のことで、1つの製品の原料が採掘される段階から、製造、輸送、使用、廃棄されるすべての段階において、環境への影響を評価する方法のことです。製造段階ではエネルギー使用量も少なく、廃棄物が少ない製品であっても、消費者が使用するときに大量のエネルギーを使い、多くのCO2を排出しては、環境負荷を減らすことにはつながりません。環境保全を考える上で、製品のライフサイクルを通して、環境に与える負荷を評価し、削減していく必要があるという考えからLCAは効果的な評価方法と言えます。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。