ビオトープとは、 もともとはドイツ語の合成語で「生き物の住む空間」という意味で、野生生物が共存している生態系、生息空間のことです。近年では人工的に植物や魚、昆虫が共存する空間として作り出したものを「ビオトープ」と呼ぶことが多くなりました。小学校の敷地の一部をビオトープにし、子どもたちが自然と触れ合う場として利用されたり、企業が工場周辺にビオトープを作るなど環境保全活動の1つとして活用される例も増えています。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。