環境会計ガイドラインとは、環境省が作成した、企業が環境保全活動を効果的に行う目的として、環境保全のコストとその活動による効果を可能なかぎり定量化して報告する環境会計のガイドラインのことです。環境保全コスト、環境保全効果、環境保全対策に伴う経済効果の3つの要素を測定、伝達する仕組みです。

参考文献

  • 環境省「環境会計ガイドライン2002年版」

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。