t検定とは、連続データのグループ、あるいはサンプルが2つある場合に有意性を検査する手法です。例えば、1四半期のうちから2週間を選び、各週の主要プロセス・サイクルタイムを比較し、意味のある変化があったかどうかを判定したり、2つの地域で顧客の所得レベルを調査し、一方の地域に住む顧客の所得が大幅に高く(低く)なっているかどうかを調べたりする際に利用できます。

参考文献

  • 『シックスシグマ・ウェイ』日本経済新聞社

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。