Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > 用語集 > Web制作用語集 > HTML4/XHTML1用語集 > rev属性

rev属性

rev属性は、リンク先の他の文書からの関係を示すための属性です。

属性値にリンク形式を示す文字列を空白区切りで指定することで、リンク先の他の文書からの関係を示すことができます。HTML 4.01では属性値として次の値が定義されています。

Alternate
代替文書であることを示します。
Stylesheet
外部スタイルシートであることを示します。「Alternate」と組み合わせることで、代替スタイルシートを示すこともできます。
Start
文書群の最初の文書であることを示します。
Next
次の文書であることを示します。
Prev
前の文書であることを示します。
Contents
目次となる文書であることを示します。
Index
索引となる文書であることを示します。
Glossary
用語集となる文書であることを示します。
Copyright
著作権表示のための文書であることを示します。
Chapter
文書群の章となる文書であることを示します。
Section
文書群の節となる文書であることを示します。
Subsection
文書群の小節となる文書であることを示します。
Appendix
付録となる文書であることを示します。
Help
ヘルプとなる文書であることを示します。
Bookmark
文書内へののブックマークであること示します。長い文書などで用いられ、1つの文書に対して複数のブックマークを設定することができます。

また、head要素profile属性を用いてプロファイルを指定することで、上記以外のリンク形式を定義することができます。

rev属性に対し、リンク先の他の文書に対する関係を示すにはrel属性を用います。

参考

HTML 4.01 Specification
6.12 Link types
12.2 The A element

この属性が設定可能な要素

この属性が定義されているDTD

この属性がDTD内で定義されていることを○で示しています。

HTML 4.01 XHTML 1.0 XHTML 1.1
Strict Transitional Frameset Strict Transitional Frameset