Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2018年2月 > リリースの迫るaXe 3.0について知っておくべきこと

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。

リリースの迫るaXe 3.0について知っておくべきこと

取締役 木達

(この記事は、2018年2月26日に公開された記事「aXe 3.0 is Coming - Here's What You Should Know」の日本語訳です。Deque Systems社の許諾を得て、お届けしています。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。)

Dequeの数々の製品において、アクセシビリティ・エンジンとして採用されているaXe-coreは、近々3度目のメジャーリリースを迎えます。今年3月に予定されている同リリースでは、昨今Web開発のあり方を急速に変えつつある技術、Shadow DOMをサポートします。Shadow DOMは、Web Componentsを構成する3つの仕様のひとつ。Dequeは、この新しいWeb標準をサポートしたアクセシビリティチェックツールを提供する、唯一のベンダーです。Shadow DOMをサポートしなければ、同技術を使用している箇所を無視してWebページのアクセシビリティをチェックすることになります。バージョン3.0では劇的な高速化もなされており、以前のバージョンと比べ80%の高速化が達成できます。

スムースなアップグレードのために、あらかじめ以下の要点をおさえておいてください:

  1. ご都合の良い時期にアップグレードしていただけるよう、すべてのWorldSpace製品においてaXe 2.xのサポートを当面の間は継続します。ComplyやAttest HTMLをバージョンアップしても、古いバージョンのaXe-coreを使用していただくことが可能です。
  2. Shadow DOMを使用している箇所をチェックできるよう、カスタムルールはアップデートする必要があります。
  3. aXe 3.0に対応するため、WorldSpace Attestのすべてのツールはバージョン2.0をリリースの予定です。バージョン2.xのWorldSpace Attestツールには、aXe 2.1.0(ないしその後継バージョン)と互換性を持たせる予定です。バージョン1.xのWorldSpace Attestツールは、aXe 3.0に対応しません。
  4. aXe 3.0に対応したWorldSpace Complyは2018年の第二四半期にリリースしますが、aXe 2.1(ないしその後継バージョン)との互換性は維持します。
  5. aXe 3.0に対応したWorldSpace Assureは、2018年4月にリリースの予定です。

技術的な詳細

aXe 3.0とAttest HTMLツールのバージョン2.0によって、APIに2つの大きな変更が生じます。aXeまたはAttestを使ってインテグレーションやレポーティングを行っているツールでは、以下の変更点についてテストをしていただく必要があります。

  1. aXe 2.1 / Attest 1.1で非推奨となったa11yCheck()メソッドコールは、削除されました。代わりにrun()メソッドを使ってください。
  2. Shadow DOMのセレクタに対応すべく、aXeのresultsで使われるnode.targetプロパティに手が加えられました。Shadow DOMを含むページでは、セレクタの配列が入れ子になります。詳しくは、https://github.com/dequelabs/axe-core/blob/develop/doc/API.md#results-objectをご覧ください。

最後に

これまで通り最新情報はDeque Blogをチェックしていただくか、WorldSpace製品をお使いであれば、aXe 3.0リリースが近づきましたら営業担当の者にご連絡ください。

Pick Up