Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > アクセシビリティBlog > 2018年5月 > Firefox Developer Editionでアクセシビリティインスペクターが利用可能に

アクセシビリティBlog

Webサイトのアクセシビリティを高めるための方法や国内外の関連情報など、さまざまな角度からWebアクセシビリティに関する話題をご提供していきたいと思います。

当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlca11yをフォローしてください。

Firefox Developer Editionでアクセシビリティインスペクターが利用可能に

取締役 木達

4月にお知らせしたFirefoxの開発者ツールにアクセシビリティインスペクターが追加される件の続報です。New in Firefox 61: Developer Edition - Mozilla Hacks - the Web developer blogという記事で、同機能がFirefox Developer Editionで利用できるようになったことを知りました。

Developer Editionは、その名の通り開発者向けに作られたFirefox。その61.0betaバージョンにおいて、アクセシビリティインスペクターが利用可能になっています。

Firefox Developer Editionの「Firefoxについて」画面

以下は、開発者ツールの設定画面です。「標準の開発ツール」に、Nightlyバージョンでは英語表記(「Accessibility」)だったのですが、「アクセシビリティ」という項目が加わりました。

開発者ツールの設定画面

アクセシビリティパネルに移動すると、以下のメッセージとともに「アクセシビリティ機能を有効にする」ボタンが表示されます。

パフォーマンス低下のおそれがあるため、デフォルトでアクセシビリティ機能を無効にしました。他の開発ツールパネルを使用する前に、アクセシビリティ機能の無効化を検討してください。

アクセシビリティパネル(アクセシビリティ機能が無効な状態)

アクセシビリティ機能を有効にすれば、アクセシビリティオブジェクトの調査ができるようになります。無効に戻すには、「アクセシビリティ機能を無効にする」ボタンを押してください。

アクセシビリティパネル(アクセシビリティ機能が有効な状態)

Pick Up