ATAG 2.0の日本語訳がWAICサイトで公開されました

アクセシビリティ・エンジニア 中村(直)

WAIC(ウェブアクセシビリティ基盤委員会)から告知されているように、ATAG 2.0の日本語訳が公開されました。

ATAGとは、Authoring Tool Accessibility Guidelinesの略称で、その名のとおりオーサリングツールのガイドラインとなっています。ATAG自体は2つのパートに分かれており、

パートA
障害のあるコンテンツ制作者のための、よりアクセシブルなウェブコンテンツオーサリングツールの設計についてのガイドライン
パートB
すべてのコンテンツ制作者にとって、よりアクセシブルなウェブコンテンツ制作を可能にし、サポートし、促進するためのウェブコンテンツオーサリングツールの設計についてのガイドライン

という構成になっています。ATAGで言うオーサリングツールは、ATAGの用語集で定義されています。そこでは次のようなものが例として挙げられています:

  • WYSIWYGのHTMLエディタ
  • テキストエディタ
  • 統合開発環境
  • ブログ
  • Wiki
  • CMS
  • 電子メールクライアント

このように多岐にわたっていますが、特にウェブに密接に関連するCMSやブログといった、ウェブサイト・ページを作成するウェブサービスがこのガイドラインが適用することで、よりアクセシブルな環境を構築することが可能になるでしょう。