オープンセミナー岡山に当社スタッフが登壇

エグゼクティブ・フェロー 木達

先週、7月8日付のお知らせに掲載したのと基本的に同じ内容ですが、当アクセシビリティBlogでも周知させていただきます。2022年8月20日にオンラインで催されるオープンセミナー岡山において、当社アクセシビリティ部マネージャーの澤田 望が登壇します。

澤田の登壇セッション(14:25〜15:05)のタイトルは「ミツエーリンクスから見たアクセシビリティ界隈この2年半」とのことで、以下に概要を引用します:

新型コロナウィルス感染症の流行によって、岡山の小さな勉強会「リーダブルな夜 on 2020/03/10」がやむなく延期されてから、はや2年半。
国内でもオンラインによるコミュニケーションが急速に進み、アクセシビリティが必要とされる場面が増えました。

この2年半の間、アクセシビリティ界隈では大小含めさまざまな動きがありました。
今回のセッションでは、それらの中から岡山の皆さんに知っておいていただきたいトピックスを選び、ミツエーリンクスが発信している「コラム」や「アクセシビリティBlog」などの視点で、分かりやすく解説します。

2020年3月以降で掲載した、アクセシビリティに関するコラムとしては、以下のものが該当します。こうやって眺めてみますと、たかだか2年半とはいえ、コロナ禍の記憶と共にさまざまなイベントが思い返されます。

  1. 今、あらためてアクセシビリティ向上について考える(2020年5月8日)
  2. Webサイトが音声読み上げで理解できるということ(2021年4月23日)
  3. 障害者差別解消法の改正とWebアクセシビリティ(2021年8月6日)
  4. アクセシビリティ オーバーレイに対する見解(2021年11月5日)
  5. 短い動画で学ぶ、学んでもらうWebアクセシビリティ(2022年1月5日)

オープンセミナー岡山への参加のお申し込みについては、オープンセミナー2022@岡山 - connpassをご覧ください。参加枠は当初より大幅に増枠されたようで、400人までお申し込みができるようになっていますが、既にその半数以上が埋まっているようです。