Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > フロントエンドBlog > 2017年6月 > ESLint v4.0.0リリース

フロントエンドBlog

Webのフロントエンドを構成する技術、特にHTMLやCSS、JavaScript、またそれらに関連する話題を扱うBlogです。

ESLint v4.0.0リリース

UI開発者 渡邉

2017年6月11日、ESLint v4.0.0がリリースされました。

メジャーバージョンアップによる破壊的な変更点も多いため、まずは移行ガイドの一読をおすすめします。

なかでも気になった変更点は、lines-around-directivenewline-after-varnewline-before-returnが非推奨 (deprecated) となり、padding-line-between-statementsに統一されたことです。

lines-around-directivenewline-after-varnewline-before-returnをそれぞれpadding-line-between-statementsで書きなおすと、次に示す.eslintrcコード断片になります:

"padding-line-between-statements": ["error",
    // lines-around-directive 相当
    {"blankLine": "always", "prev": "directive", "next": "*"},
    {"blankLine": "any", "prev": "directive", "next": "directive"},
    // newline-after-var 相当
    {"blankLine": "always", "prev": ["const", "let", "var"], "next": "*"},
    {"blankLine": "any", "prev": ["const", "let", "var"], "next": ["const", "let", "var"]},
    // newline-before-return 相当
    {"blankLine": "always", "prev": "*", "next": "return"}
],

前述したコード断片のとおり、padding-line-between-statementsは汎用性が非常に高く、他にも様々なルールを追加することができます。

自分流・会社流のルールを追加してみるのもよいかもしれませんね。