「HTML軽視されすぎ問題」講演概要

エグゼクティブ・フェロー 木達

3カ月ほど前にさかのぼりますが、2023年11月2日に開催されたCSS Nite主催のイベント「#朝までマークアップ」において、私は「HTML軽視されすぎ問題」と題した講演を行いました(#朝までマークアップ 開催のお知らせ参照)。講演の録画や、使用したスライドは共有できませんが(セミナーアーカイブ:#朝までマークアップ(2023年11月2日開催)で販売中)、本記事では講演の概要をご紹介します。

まず、業界的にHTMLが軽視されていると考える根拠として、The WebAIM Millionの調査結果Jens Oliver Meiert氏による調査結果を紹介。アクセシブルではない、あるいは仕様に準拠していないHTMLがWebにあふれている現状を共有しました。また、CSS-Tricksの記事「The Great Divide」が論じたフロントエンド職の分断に言及しつつ、相対的にHTMLよりもJavaScriptとその周辺技術が注目されがちな傾向も共有しました。

そのうえで、HTMLを軽視すべきではない理由、HTMLの品質が重要である理由として、以下の4点を挙げました:

  • コンテンツに意味や構造を与えるのはHTML
  • HTMLを解析するのが常にメジャーな(エラー処理に優れた)Webブラウザとは限らない
  • 人間可読性と機械可読性の両立でコミュニケーション機会は最大化
  • 仕様に準拠したHTMLはWebの持続可能性にも貢献

加えて、比較的最近に仕様に追加されたsearch要素popover属性、Appleが提案するmodel要素State of HTML 2023などを引き合いに、今現在も進化し続けている技術である点でもHTMLを軽視すべきではないし、むしろHTMLにもっと注目すべきと主張しました。最後にまとめとしてHTMLを、またWebのフロントエンドを学ぶことで、Webをもっと良くしていきましょうと呼びかけ、講演を終えました。

講演の模様のスクリーンショット。スライドで、「まとめ」のページを表示させている。ページ上には「過去、HTMLは軽視されてきた。アクセシブルではない、仕様に準拠していないHTMLがWebに溢れている。しかし、HTMLを軽視すべきではない。高いHTML品質がWebコミュニケーションの可能性を広げる。HTMLは今現在も進化し続けている技術。HTMLを、フロントエンドを学び、Webをもっと良くしていきましょう。今夜の「#朝までマークアップ」が、その第一歩となりますように!」とある。