Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > マーケティングBlog > 2017年3月 > HTMLの追加修正を伴わずにイベント計測を実装する

マーケティングBlog

デジタルアナリティクスやデジタルマーケティングの推進に役立つ話題をご紹介します。

HTMLの追加修正を伴わずにイベント計測を実装する

アナリスト 深堀

Google アナリティクスを用いた計測を行うには、サイトへの「実装」が不可欠

Google アナリティクスを用いた計測を行うには、対象サイトにGoogle アナリティクス トラッキングコードの埋め込みもしくはGoogle アナリティクス トラッキングコードを登録したGoogle タグマネージャの埋め込みが必要です。埋め込みはよほど特殊なサイトでない限りは一括置換や共通テンプレートへの埋め込みなどでまかなえるものであり、サイトリニューアルなどとあわせて行えば関係者の負担を軽減することができます。

ここでひとつ注意したいのが「イベント計測」を行う場合です。計測対象ページにトラッキングコードが配信されればページビューやセッション数といった基本的なデータを得ることは可能です。しかし特定箇所のリンククリック計測などを行いたい場合、Google タグマネージャを使わないでGoogle アナリティクスを単独で使う場合にはページやリンクごとにユニークな「イベント計測」のコードを実装する必要があります。

クリック計測を行うためのトリガーにできる条件はさまざまなものがありますが、「カルーセルバナーの何番が押されたか知りたい」「特定のページの特定のリンクがクリックされたか知りたい」など、ピンポイントなクリック計測を実装するためには、おそらくほとんどのケースでサイト側にイベント計測用の記述をトラッキングコードとは別に実装しておく必要があります。それがたとえ一括置換や軽微なテキスト修正のような作業だったとしても、計測要件を決めて実装指示を出すといった段取りやコミュニケーションにはそれなりの稼動や労力を費やさなければいけません。

「イベント計測」のニーズには、たとえば次のようなものが挙げられます

上記のようなケースでは、Google アナリティクス単独だとすべてのリンクに対して個別の実装が必要になりますが、Google タグマネージャを併用するときにもやはり個別の実装が必要なのでしょうか?サイト側の実装状況にもよりますが、上記のようなケースでもGoogle タグマネージャのみで計測設定を行うことが可能な場合があります。Google タグマネージャ特有の注意点はあるものの、できることとできないことをある程度把握すれば、HTMLを修正せずにさまざまなクリック計測を実装することが可能です。

クリックした箇所のテキストや画像パスをトリガーにする

トリガーの種類を「クリック - すべての要素」にするとGoogle タグマネージャ上のイベント「gtm.Click」が生成されます。ページのどこをクリックしても、その場所に応じた変数、値を取得することが可能となります。たとえばリンク要素でないテキストをクリックした場合は段落などで区切られたテキストが取得できますし、画像をクリックすれば画像のパスが特定の変数の値に格納されます。カルーセルバナーの画像が固定された画像名で運用されていれば、サイト側に特に何も実装せずにカルーセルバナーのクリック計測を行うことが可能となります。

CSSセレクタを利用する

CSSセレクタを使用しトリガーの条件にすることもできます。ページ内の計測したい対象に一意のIDがある場合などに有効です。詳しくは公式ヘルプのトリガーのページ内、「正規表現や CSS セレクタを演算子として使用する」をご参照ください。

参考:タグマネージャ ヘルプ トリガー「正規表現や CSS セレクタを演算子として使用する」
https://support.google.com/tagmanager/answer/6106961?hl=ja#regex-css

Google タグマネージャはHTMLを修正せずにイベント計測を実現できるので、効率的なサイト運用が可能になります。ただし計測したい内容が複雑だったり更新頻度が高く更新ごとに計測したい内容が変わるといった場合には、更新のたびにタグマネージャの設定更新も必要になりかえってスピードが落ちたり難易度が増す可能性もあります。なんでもかんでもすべてGoogle タグマネージャのみで完結させなければならないというわけではありません。メリットとデメリットを理解したうえで、たとえばサイト全体で共通して適用できるイベント計測はGoogle タグマネージャのみで完結するように設定しておき、頻繁に更新され計測内容の変更が予想される箇所ではイベント内容は個別に実装し、タグ生成・送信をGoogle タグマネージャで行うなど、中長期的なメンテナンス性も考慮した設計・実装をするのがよいでしょう。