Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > UX Blog > 2015年12月 > 社内向けIoTハッカソンを開催しました

社内向けIoTハッカソンを開催しました


インタラクションアーキテクト 黄

先日、2日間(11月27日~11月28日)にかけて社内向けのIoTハッカソンを開催しました。この記事ではその様子をご紹介します。

アイディアソン&ハッカソン風景

ハッカソン(Hackathon)はハック(Hack)とマラソン(Marathon)を合わせた混成語で、決まった距離を限られた時間内に走り終えるマラソンのように、UX&UIデザイナやプログラマたちが同じ場所に集まって、決まった時間内にあるテーマをもとにアイディア発想から開発、そしてプレゼンまで行うイベントです。

今回のIoTハッカソンは「自分に身近なIoT」をテーマにして、初日はアイディア発想を、2日目は開発とプレゼンを行いました。

ただ、初のハッカソンということと、限られた時間(アイディア出し:約4時間、実装:約4時間)ということもあり、以下の内容を主な目的と設定しました。

アイディアの発想

アイディア発想のフェイズは、同じ部署のUXエバンジェリスト金山さんの進行で始まりました。

アイディア発想導入部

まず、各自のキーワードを書いた付箋を壁に貼って自分の意見を発表しながら、似たキーワードをグループ化することで、主なみんなの課題とそれがどうなれば良いかに関するスキームを洗い出しました。 今回のアイディアスキームは『「自宅/会社」で「情報」を「タイミング」良く「リマインド/提案」してくれる』ということになりました。

アイディア発想キーワード出し

その次は、日常生活の中での具体的なシーンを絵で描いてみんなに提案し、二日目に実装するアイディアを選定することにしました。

アイディア発想ビジュアライズ

いろんなアイディアが提案されましたが、現実性と利便性を基準に最終選定されたのは「パチンコスター」という案でした。 「パチンコスター」はパチンコに当たった際、機械に流れる効果でさらにモチベーションが上がるように、社内業務システムで使われているスターをつける機能(Facebookのいいねのような機能)を誰かからもらった際に、リアルタイムで知らせてモチベーションを上げようというアイディアです。

選定されたアイディア(パチンコスター)

初日の最後は、チームを2つに分けて、「パチンコスター」アイディアにチーム色をさらに加えた形で実現する方法と、それにひつような部品を調査することにしました。

実装&プレゼン

2日目の午前は秋葉原に行ってチームごとに必要な部品を購入することにして、午後からは会社に集まって実装を始めました。ちなみに、今回の実装に使用したデバイスは代表的なマイコンArduino UnoとWifiモジュールが基本導入されているParticle社のPhotonでした。

ハッカソン風景

17時になって、各チームが結果物を発表することで第1回IoTハッカソンは無事終了しました。

各チームの結果物は以下になります。

チームA)

StarBazooka : 誰かにスターをもらったら、実際のスターの形のお菓子を投げてくれる装置

チームAの発表

チームB)

無名 : スターだけではなく、スケジュールなどの業務情報をリアルタイムでLEDに表示してくれる装置

チームBの発表

最後に

イベント中に参加したメンバーから以下のようなコメントを聞くことができました。

今後もこのようなイベントを(できれば、定期的に)開催して、新しい手法や技術の取得、チームワークの向上が続けられるようにしていきたいと思います。