Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > UX Blog

UXデザインの国内外の最新動向をお伝えすると共に、弊社内の日々の業務や勉強会/イベント等で得た学びや、考察したことについて共有します。当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlc_uxをフォローしてください。

【UXと倫理】ユーザーデータをどう扱うか


UXリサーチャー 亀山

今回のUXブログのテーマは「倫理」です。

最近、国内のニュースでもWeb上の倫理について取り上げられることが多くなりました。今年私が参加したUXPA2019のオープニングとクロージングの基調講演のテーマがそろって「倫理」でした。UXPAで「倫理」が基調講演のテーマに上がること自体がおそらく初めてであり、オープニング、クロージングともに共通テーマであったことにその重要性が伺えます。個人の情報があまりにも無秩序に、あまりにもずさんな取り扱いが横行している現状のデジタル社会に大きな警鐘を鳴らす講演となりました。UX専門家として、デジタルガバナンスへの理解とそのUXデザインへの責任があるのだと強く訴えかけるものでした。

「【UXと倫理】ユーザーデータをどう扱うか」の全文を読む

【UXPA2019参加報告】ユーザビリティテスト結果からデザインへどうつなげるか Vol.3


UXリサーチャー 亀山

前回、前々回にわたってお伝えしてきたUXPAでのポスターセッションの内容についてですが今回が完結編となります。前回はユーザー言動の捉え方を解説しました。 まずはユーザビリティテストの結果の事実(Fact)に基づいて、その発生要因(Why)を特定することで、解決の方向性が見えてきたと思います。

「【UXPA2019参加報告】ユーザビリティテスト結果からデザインへどうつなげるか Vol.3」の全文を読む

【UXPA2019参加報告】ユーザビリティテスト結果からデザインへどうつなげるか Vol.2


UXリサーチャー 亀山

前回に引き続き、我々が発表したUXPAでのポスターセッションの内容についてお伝えしようと思います。

前回はユーザビリティテストの現場で「ユーザーの言動を直接的に捉えてしまう」ということが起きてしまいやすいという問題を挙げました。その結果、システム制約やビジネス戦略上の都合で議論が進まなくなってしまったり、単にユーザーに同調するデザインで解決の幅が狭まるということをお伝えしました。

「【UXPA2019参加報告】ユーザビリティテスト結果からデザインへどうつなげるか Vol.2」の全文を読む