floatとは、指定されたボックスの後続の要素を回り込ませるためのプロパティです。初期値はnoneであり、後続の要素を回り込ませません。値にleftあるいはrightを指定すると、それぞれ後続の要素を右または左に回り込ませます。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報