ブランドを資産とする考え方がブランド・エクイティですが、土地や工場、機械設備とは異なる性質をもっており、それらと同じように管理することはできません。ブランドを適切に管理し、その価値を増大させるにはブランドの特殊性を把握しなくてはなりません。ブランドの特殊性は、

  • 無形性
  • 間接性
  • 多層性
  • 関係性

の4項目に分けて考えられます。

参考文献

  • 『ブランド文脈シナリオ』阿久津聡・石田茂(ダイヤモンド社)

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。