ブランドの起源は、「焼き印を付けること」を意味する“brand”という古期フリジア語等から派生した言葉であり、家畜の所有者が自己の家畜と他人の家畜を識別するための印が語源であるといわれています。現代に入ると、企業はブランドをロゴマークやブランドネームなどによる差別化によって、他社の劣悪な品質の製品から、自社の製品と消費者を守るために用いるようになりました。

製品間の品質に明確な差異がなくなった今日では、熾烈な価格競争に巻き込まれてしまうのを避けるためにも、企業はブランドによる明確な差別化によって、消費者の意思決定を単純化できるよう、ブランディングに力をいれる必要がますます高まってきています。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報