ドイツの大手自動車メーカーDaimlerは、新しい取締役を紹介する際に、端的な質疑応答の動画をTwitterやYouTubeで公開しています。

(この記事は、 Bowen Craggs社のWebサイト「Our thinking」において2021年11月5日に公開された記事「Daimler: Getting to know a new board member on social media」の日本語訳です)

Screen capture of Daimler Truck AG's Twitter Account

The Feature(特筆すべきこと)

Mercedes Benzなどの乗用車に加えて商用車も手がけるDaimlerは、2021年9月に人事担当の新しい取締役、Sabine Kohleisen氏を、公式およびブランドのTwitterチャンネルで紹介しました。

短い動画の中でKohleisen氏は、次のような質問に答えています。「20年後もまだ、ドライブはかっこいいですか?」「新しい仕事に臨む心境は?」「ToDoリストの最優先事項は?」。

Daimler Truck AGのTwitterアカウントに投稿され、同社のMercedes BenzのTwitterアカウントでリツイートされたこの動画は、YouTubeで公開した4分間の動画を短く編集したものです。

この動画は、Daimlerの役員や、F1ドライバーのLewis Hamilton氏などの著名なゲストが登場する「Speed Date」シリーズの1つです。このインタビュー動画は、英語とドイツ語で閲覧できます。

The Takeaway(ここから得られる知識)

Daimlerの短い動画は、リーダーの人間的な側面を効果的に紹介しています。

これは、一般社員へのインタビュー動画でよく見られる方法ですが、新しい役員をステークホルダーに紹介したい他の企業でも応用できるでしょう。

このDaimlerの取り組みは、マーケティングとコミュニケーションを横断するフォーマットであり、スポーツ界の著名人や企業の役員へインタビューする際に活躍するはずです。

Twitterでは短く編集した動画を、YouTubeではフルバージョンの動画を公開していることから、一貫したコンテンツ戦略の指標として、各チャンネルで最適なフォーマットを検討していることがわかります。

しかし、この動画コンテンツには弱点があります。あえてカジュアルな雰囲気にしているのに、ロボットのような質問者の声によって、回答が堅苦しくなっています。

Daimlerをはじめ、長い歴史がある自動車メーカーは、動きが速く革新的なイメージがあるTesla社のような、新しい競合他社の脅威に直面しています。そのため、デジタル・コミュニケーションの中で、クリエイティブでダイナミックな企業であることをアピールすることは、とても重要です。

https://twitter.com/DaimlerTruck/status/1439872607260659713

Information

ミツエーリンクスのグローバルWebサイトソリューション

グローバルビジネスを支えるWebサイトにグローバルスタンダードな品質を提供する、各種サービスをご紹介します。