Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > UX Blog > 2019年4月 > 【海外UXイベント紹介】UX Masterclass 2019(参加予告)

【海外UXイベント紹介】UX Masterclass 2019(参加予告)


UXエバンジェリスト 金山

UX Masterclass 2019が4月4日、南アフリカのヨハネスブルグで開催され、当社UXマーケティングマネージャーのジョナサン・ウィークス(Jon Weeks)が登壇いたします。本記事では、ジョナサンと他のスピーカーの発表について簡単にご紹介いたします。

カンファレンステーマ

カンファレンスのテーマは、「Humanising Innovation: UX driven transformation(人間味を持たせるイノベーション:UX主導の変革)」です。デジタルトランスフォーメーションにより生活を向上させる一方で、人間性に基づき本来あるべき姿を見直そうとする姿勢が本タイトルから読み取れます。

発表内容

ジョナサンは昨年(UX Masterclass 2018)、AIとUXの専門家の協業について発表しました。今年は「デジタル倫理」という難しいテーマで発表します。

Digital Ethics in Product Design: aligning business and user interests
製品設計におけるデジタル倫理:ビジネスとユーザーの利益の整合

消費者の意識・関心の高まりと政府の規制強化により、「デジタル倫理」が企業において最重要トピックになっています。企業自身の考えや位置づけについての倫理を後付けではなく先を見越した戦略として再評価しなければなりません。デジタル製品設計で発生する倫理的問題とユーザーが重視する主な原則を示し、UXの戦略的プロセスを通してこれらの問題を解決する方法について説明します。

その他の発表

以下、ジョナサン以外の発表については、タイトルだけご紹介いたします。

まとめ

AIやロボットなど、コンピューターや機械が生活を豊かにする一方で、倫理的な検討や対策が必要になる場面も増えてきそうです。利益や効率を追求する一方で、人間の視点に立った意義や影響をチェックすることを心掛けたいものです。

UX Masterclassで発表した結果・反響など、ジョナサンが帰国次第、本Blogでご紹介する予定です。