Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > 動画マーケティングBlog > 2015年12月 > インターネット視聴デバイスの変化と動画

動画マーケティングBlog

動画活用の最新動向や事例、海外の動きなどをご紹介します。
企業のマーケティング活動にかかせなくなりつつある動画の活用戦略に役立つ情報が満載です。

インターネット視聴デバイスの変化と動画

映像部 竹島

ネット資料率調査や分析をおこなうニールセン発表の「2015年のインターネットサービス利用者数ランキング」によると、WebサイトのPCからの利用者は減少傾向にあり、GoogleやYahoo!といった検索サイトでは、スマートフォンからの利用者のほうが月平均で約1000万人~2000万人も上回っているようです。

また、YouTubeの閲覧について、PC・スマートフォンを合わせると、月平均で約5260万人の利用があり、視聴時間帯のピークは夜8時~10時であるとのことです。「TV離れ」が進んでいるということでしょうか。

今後、スマートフォンでの動画閲覧数が増えていくかもしれませんが、PCで閲覧する動画と、スマートフォンで閲覧する動画は同じものでよいのでしょうか。

スマートフォンユーザーをターゲットとした動画制作においては、尺はもちろんのこと、テロップや字幕での内容フォローや、スクリーンサイズに適した画面構成など、いくつかのポイントがあるので、現在のようにPCもスマートフォンも同じコンテンツを掲載する流れから、それぞれに適した手法での制作が多くなっていくかもしれません。

そしてIoTやウェアラブルデバイスの多様化が進むと、それぞれのスクリーンに適した制作手法が求められるとともに、ますます映像の価値観が変化していくのかもしれません。