Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > コラム > 2018年 > Web担当者必見!リニューアル準備に効くガイドライン5選【CMS/Webホスティング編】

Web担当者必見!リニューアル準備に効くガイドライン5選【CMS/Webホスティング編】

2018年11月6日

システム本部 第二部 マネージャー
榛葉 裕幸

Webサイトのリニューアル準備はお済みですか?本稿では、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)発行のガイドラインのなかから、Web担当なら押さえておきたい、CMSやサーバーなどシステム見直しに役立つ“ガイドライン5選”をピックアップしてご紹介します。

はじめてリニューアルに取り組む方はもちろん、システムのことは「ノウハウがなくて、正直よくわからない!」とお悩みのWeb担当者さまは、リニューアル準備にぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

リニューアル準備に必読のガイドライン5選

CMSを用いたウェブサイトにおける情報セキュリティ対策のポイント

インターネット上のコンテンツはCMS(コンテンツ管理システム)で提供される割合が増え続けていますが、企業サイトでもCMS利用はごく一般的になりました。CMSを使って簡単にWebサイトを立ち上げられるようになった反面、入れっぱなしで放置された“野良CMS”の脆弱性を突いたセキュリティ被害がたびたび発生しています。「被害にあってからでは遅い。でも、どうすれば?」に、具体的な対策のポイントを教えてくれます。

レポート本編だけでなく、「【付録】ウェブサイト構築・運用のポイント」も重要です。安全にCMSを利用するために必要なプラットフォームや運用・保守体制の重要性を再確認できます。

また、複数のWebサイトを運営する企業さまは、こちらの記事(「【注意喚起】学術組織を狙ったウェブサイト改ざんに注意」)も必読。「集中管理を前提とした運用を可能にするCMS環境」の整備は学術組織に限らず、昨今の企業サイトリニューアルの重要なテーマです。

ウェブサイト開設等における運営形態の選定方法に関する手引き

Webサイトを公開し配信するためには、Webサーバーをはじめとするサーバーインフラ環境が必要です。以前は自社のデータセンターでWebサーバーを運用するケースも少なくありませんでしたが、昨今は外部のWebホスティングサービスを利用するのが一般的に。

しかし、Webホスティングサービスは、安価なレンタルサーバーからクラウドサービス(SaaS/PaaS/IaaS)の利用と、さまざまな選択肢があります。本書はサイトリニューアルの企画段階で「Webサイトを配信したり管理するにはどのような選択肢があるの?、それぞれの特徴は?、メリット・デメリットは?」といった疑問に答えてくれます。

ただし、主な読者対象が小規模事業者であったり、一般の企業サイトだけでなくECサイトやSNSサイトもカバーするなど、広く汎用的なガイドラインとなっています。企業のWebサイト運営で参考にする際は、自社の事情に合わせた読み解きが必要かもしれません。

ウェブサイト改ざんの脅威と対策

近年、Webサイトの改ざん被害がたびたびニュースになっています。改ざん対策というと、改ざん検知ツールなど、一足飛びにシステム導入の検討となりがちです。しかし、そうした専用システムを導入する前に、押さえるべき基本的な考え方や対策があることを教えてくれます。自社Webサイトの特性に合わせた、費用対効果のある対策を検討する際は一読をおすすめします。

安全なウェブサイトの構築と運用管理に向けての16ヶ条 ~セキュリティ対策のチェックポイント~

Webサイトのセキュリティ対策はやるべきこと・考えることが盛りだくさん。「Webサイトのセキュリティが不安、対策のポイントを漏れなく知りたい」そんなとき、チェックリストがあると便利です。安全なWebサイトの構築から運用管理に不可欠な対策のポイントが16カ条にまとめられています。

ITプロジェクトのリスク予防への実践的アプローチ

企業サイトリニューアルに限らず、ITプロジェクトにはさまざまなリスクが伴います。リスクを無視することは論外として、むやみに恐れてもいけません。意識的にリスクをコントロールしながら、Web活用のバリューを最大化するスタンスが重要です。CMS導入プロジェクトでは「パッケージ選定に関する検討が十分でない(p.25)」が参考になります。CMS選定にも効果的なリスクコントロールのポイントを押さえることができます。

企業Webリニューアルのお悩み大解消【連続セミナー】

ご紹介したガイドラインは、Web担当なら押さえておきたい重要文書ばかり。しかし、実際のプロジェクトで活用するには、自社の内情やWebサイトの要件に合わせた、読み解きが必要です。限られた準備期間で詳細を把握するのは負担です。

ミツエーリンクスでは、企業サイトリニューアルにまつわる、Web担当者さまのお悩み解消をテーマに「連続セミナー」を開催します。

前編の11月27日(火)は、「CMS/Webホスティング編」。

企業サイトリニューアルでは、目に見えるコンテンツやビジュアルデザインもさることながら、それらを配信し、支える“舞台裏(バックステージ)”のテクノロジーも重要なテーマ。リニューアルを機にCMSやWebホスティングの見直しを検討中の皆さまに、オウンドメディアにおけるコンテンツマーケティングの重要性を再確認しつつ、Web品質やオウンドメディアの持続的な運営を可能とする最新テクノロジーとプラクティスをご紹介します。

つづく12月14日(金)開催の後編は「「どう進めるべき?」サイトリニューアル検討時におさえておきたいトレンドや課題整理のポイント」と題して、実際にWebサイトを利用するお客さまの目に見える”表舞台(フロントステージ)”のWebサイトリニューアルにフォーカス。具体的な事例をまじえつつ、わかりやすくリニューアルの必要性やトレンドへの対応方法など最新ノウハウをお伝えします。

前編・後編2回セットで参加いただくことで、表舞台からそれを支える舞台裏まで、リニューアルにまつわるお悩みをスッキリ解消いただけるセミナー内容となっています。はじめてリニューアルに取り組む方はもちろん、数年ぶりに取り組まれるWebマスターの方も、ぜひお悩み解消にお役立てください。