ヒューリスティック評価とは、ユーザーインターフェースにおける、ユーザビリティの問題点を指摘するために用いられる手法のひとつです。一般に、ヒューリスティック評価をおこなうために必要な技術を身に付けた数人のスペシャリストが、ガイドラインに基づき、それぞれ個別に評価作業を進めていきます。その後それぞれのスペシャリストによる評価結果をまとめ、ユーザビリティ問題修正の優先度が決定されます。ユーザビリティの問題点を発見する上で効果的な手法です。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報