仮説検証とは、マーケティングのプランニング段階において立てた仮説が計画を実行する中で、正しかったのかどうかを効果検証のなかで確認することを指します。とうぜん、仮説検証のためには、プランニングの過程で明確な仮説を元にした計画が行なわれている必要がありますし、検証することが可能な仕組みとして、目標の設定や測定の方法などをあらかじめ設計しておく必要があります。何事においても「やってみなければわからない」部分は、どんなに調査を行ない、データを収集・分析をしても残るものです。マーケティングにおける初期仮説は「やってみなければわからない」が、おそらく正しく効果の期待できるものとして立てたものです。それゆえに実行したあとに仮設検証すること、やってみてわかることが重要な意味を持ちます。

Webマーケティングにおいては、仮説検証のツールとして最も多く用いられるのは、アクセスログの解析です。仮説検証で用いるアクセスログ解析は、単純にサイト全体やコンテンツのPVやVISITの増減をくらべるのではなく、仮説の元に行なわれたSEO/SEMの効果測定や、ユーザー導線設計の効果が正しいか、商品・サービスの相関関係は仮説のとおりなのかなどを調べることが課題となります。Webマーケティングにおける仮説検証をきちんと行なうことで、PDCAによる継続的なWebサイトの改善が可能となります。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報