測定値の性質は、分布の中心と分布のばらつきであらわすことができます。この分布の中心を表すのに平均値が、分布のばらつきを表すのに標準偏差が最も多く使われます。標準偏差とは、「個々の測定値の平均値からの差(偏差)の2乗和を(データ数-1)で割り、これを平方根で開いた値」です。標準偏差とは、標準的な偏差ということであり、この値が小さいということは、ばらつきが小さいということであり、個々の測定値が平均値の周りに集まっているということを意味します。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。