script要素は、文書内にスクリプトを埋め込むための要素です。

スクリプトはインラインに直接記述するか、src属性を用いて外部ファイルを参照させて読み込み・実行させる方法があります。type属性が省略された場合、text/javascriptとして認識されます。そうでない場合は、妥当なMIMEタイプをtype属性に指定しなければなりません。

使用例

<script src="/shared/js/run.js"></script>
<script>

(function () {

    alert('JavaScriptが有効です。');

}());

</script>

使用可能な属性

  • 全てのグローバル属性
  • src
  • type
  • charset
  • async
  • defer
  • crossorigin
  • nonce

コンテンツカテゴリ

  • メタデータコンテンツ
  • フローコンテンツ
  • フレージングコンテンツ
  • スクリプトサポート要素

子要素にしていい要素の種類

  • type属性の値にあったスクリプトコード
    • src属性が存在しない場合
    • src属性が存在する場合、且つスクリプトの内容制限に一致するもの
  • 無し
    • src属性が存在する場合

親要素にしていい要素の種類

  • メタデータコンテンツが期待されているすべての要素
  • フレージングコンテンツが期待されているすべての要素
  • スクリプトサポート要素が期待されているすべての要素

仕様書と策定状況

仕様書 策定状況
W3C 勧告
WHATWG Living Standard
最終更新:2017年2月2日

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報