u要素は、スペルミスや引用文中の誤字など、正確にレンダリングされていても発音が不明瞭である場合や、中国語の固有名詞を表すことができます。

一般的なユーザーエージェントではコンテンツのテキストに下線を表示させます。この要素はほとんどの場合、別の要素のほうが妥当なケースであることが多いとされています。

a要素によるハイパーリンクの見た目と用いる状況によっては衝突するため、使用する際は留意するべきです。

使用例

<p><q>Smart Communication <u>Desain</u> Company</q>と書かれているが、正しくは「Design」である。</p>

使用可能な属性

  • すべてのグローバル属性

コンテンツカテゴリ

  • フローコンテンツ
  • フレージングコンテンツ
  • パルパブルコンテンツ

子要素にしていい要素の種類

  • フレージングコンテンツ

親要素にしていい要素の種類

  • 子要素にフレージングコンテンツが期待されているすべての要素

仕様書と策定状況

仕様書 策定状況
W3C 勧告
WHATWG Living Standard
最終更新:2017年2月7日

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報