Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > 「Global by Design」日本語版 > 2016年7月 > Webサイトに載せるべきではないたった一つの「国旗」

Webサイトに載せるべきではないたった一つの「国旗」

(この記事は、2016年7月8日に公開された記事「The one “flag” you should never use on your website」の日本語訳です。)

最近、中国のオンライン旅行代理店であるCtripのホームページを訪れた私は、以下の画面キャプチャにあるような奇妙な国旗を目にしました:

Ctripのホームページの画面キャプチャ。ENと書かれたラベルの横に、アメリカ国旗の左半分と、イギリス国旗の右半分を合わせたアイコン画像が表示されている。

イギリスがEUからの離脱を投票で決めたからといって、アメリカとの合併を考えているわけではないでしょう(最後に私が確認した時にはそうでした)。

真面目な話、このように混ぜ合わせの国旗を企業が使う理由は、英語のアイコンとしてであると理解できます。しかし国旗は言語と同義ではありませんから、これは理にかなった表現ではありません。ましてや人々は、概して国旗の一部が切り取られたり、別の国旗と混ぜ合わされるのを好ましく思いません。

ここでは国旗を使わず、単に「English」というラベルを使ったほうが良いでしょう。

国旗とグローバル・ゲートウェイについて、より詳しくは書籍「グローバル・ゲートウェイの技術(The Art of the Global Gateway)」をどうぞ。

Pick Up