Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > 「Global by Design」日本語版 > 2017年8月 > 中国人の海外旅行者数は1億2千万人に達するも、対応はまだこれから

「Global by Design」日本語版

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」の記事を翻訳してお届けします。翻訳の正確性は保証いたしかねますので、必要に応じ原文を参照ください。

ミツエーリンクスでは、「グローバルサイトWebサイト運用」サービスを提供しています。ガバナンスの強化から多言語対応に至るまで、どんな内容でもお気軽にお問い合わせください

中国人の海外旅行者数は1億2千万人に達するも、対応はまだこれから

(この記事は、2017年8月14日に公開された記事「China: 120 million international travelers and just getting started」の日本語訳です。)

2016年には1億2千万人以上の中国人が、海外旅行に出かけました。この人数は、概ね日本の人口(あるいはカナダ、イタリア、オーストラリアそれぞれの人口を足し合わせた人数)に匹敵します。

しかし、中国でパスポートを所有しているのは国民の10%に過ぎません。

中国に居住する25%の人々が、海外旅行に出かけるようになった時の旅行業界を、想像してみてください。彼らはどこに向かうでしょうか? 何を見に行きたいでしょうか? これらの問いに対する答えのヒントとして、昨年海外旅行に出かけた中国人3千人に対してHotels.comが行ったインタビュー結果があります。

Chinese International Travel Monitor(中国海外旅行動向)』レポートの2017年版には、その結果から得られた知見がまとめられています。もし中国人旅行者について彼らがどこに向かい、その理由はなぜだったか、より良く理解したいと思うなら、同レポートは必読です。

私が興味を惹かれた項目をいくつか、以下に紹介します:

果たしてこれは、ホテル及びその他の旅行業界にとって何を意味するでしょう? 興味・関心を寄せ、素早く判断のうえWebサイト、コールセンター、ソーシャルメディアのいずれにおいても、北京語のわかるスタッフを備え、中国人をサポートしたほうが良いでしょう。調査結果では、ホテルのローカライゼーションの不十分さが課題のトップ5の一つに挙げられています。

2ヶ月前に私が調査した旅行関連のグローバルWebサイトでは、中国語のサポート状況は芳しくありませんでした。以下に示すように、新たに作成したレポート『Destination: Marketing(目的地はマーケティング)』によると、調査対象のうちたった64%しか中国語をサポートしていません。

旅行業界のWebサイトでサポートされている言語トップ10をあらわしたグラフ。1位:ドイツ語(78%)、2位:フランス語(67%)、3位:アメリカ英語(64%)、4位:中国語(簡体字)(64%)、5位:日本語(53%)、6位:韓国語(45%)、7位:イタリア語(45%)、8位:スペイン語(スペイン)(44%)、9位:ポルトガル語(ブラジル)(38%)、10位:ロシア語(38%)

また、VISAあるいはマスターカードのへの対応も十分ではありません。多くの中国人旅行者が好む支払い方法は、UnionPayです。

『Chinese International Travel Monitor』はこちらでダウンロードできます。

そしてもし旅行/観光業界で、最も優れたグローバルWebサイトがどこか知りたければ、『Destination: Marketing』をチェックしてください。

最後に、あなたが担当しているWebサイトを中国向けにローカライズすることのヒントが必要であれば、著書『Think Outside the Country(他国について考える)』をチェックしてください。

Pick Up