パンデミックが言語サポートにもたらした影響

(この記事は、2021年3月25日に公開された記事「COVID flattened the language curve, and that's actually good news」の日本語訳です。)

私がWebグローバリゼーション・レポートカードを作り始めたのは、2003年のことです。それがグローバルサイトをベンチマークするものとしては初のレポートとなって以来、私はこれを毎年作成・公開しています。

その歴史において初めて、Webサイトにおけるサポート言語数の平均は、以下のグラフに示す通り、増加しませんでした。

このグラフがAppleMicrosoftCoca-ColaStarbucksMercedesといった主要なグローバルブランドの状況に限って反映していることに、ご注意ください。一歩下がって、ランダムに数千のWebサイトを調査したとしたら、平均値は急激に下がるでしょう。

というのも目下、30以上の言語をサポートするWebサイトはほとんど無いからです。しかしこの1年、より多くの企業がサポート言語を減らすことを私は予想していました。大きな打撃を受けた旅行業界でさえ、言語数は安定していました。

CiscoIBMをはじめ少なくない企業がサポート言語を減らしましたが、調査した3分の1近くのサイトは逆に増やしており、特定の業界ではグローバル経済に関して、楽観的な傾向が強く示唆されています。

例えばFedExは8つの言語を追加し、合計40近くまで言語サポートを拡大しました。ラトビア語、エストニア語、ギリシャ語を含む8つの言語をLoréalは追加しました。またRolexは3言語を追加しています。

パンデミックの衝撃とそれがもたらした後退を考慮しつつ、長期的に考えるなら、言語サポート拡大の可能性は、均一では無いにせよ全体的に認められます。いくつかの企業について、サポート言語数の遷移を以下に示します。


サポート言語数を企業別に、2010年と2021年との差異をあらわしたグラフ。どの企業も大幅な増加を示しており、Facebookは2から111へ、Toyotaは40から53へ、NIVEAは30から45へ、IKEAは25から44へ、FedExは22から39へ、Appleは18から35へ、Nikeは16から27へ、Amazonは7から18へ、それぞれ増加した。

長きに渡りお伝えしてきたように、デバイスを繋ぐのはインターネットですが、人々を繋ぐのは言語です。

パンデミックから脱却するにつれ、またインドや東欧、東南アジアに進出する企業が増えるにつれ、言語サポートは勢いを増しながら拡大し続けるでしょう。

詳細は、最新のWebグローバリゼーション・レポートカードならびに同梱のWebグローバリゼーション ベストプラクティス&最新動向をご利用ください。

Information

書籍「グローバルWebサイト&アプリのススメ」

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」より、グローバルサイトWebサイト運用に関する記事を翻訳してお届けします。

ミツエーリンクスのグローバルWebサイトソリューション

グローバルビジネスを支えるWebサイトにグローバルスタンダードな品質を提供する、各種サービスをご紹介します。